アガスティアの葉の関連ブログ10選

アガスティアの葉の体験のブログを探しても数が多く、どれがいいかわからないですよね。

古い記事だったり
ただのアガスティアの葉の鑑定の宣伝
広告が多くて見づらい

など、なかなか得たい情報が見つからないことはないでしょうか?
「アガスティアの葉のブログ10選」では100以上のブログの中から10選を厳選しました。
古代インドの神秘に触れ、自己認識と人生の意味を深める機会を得ることができます。
アガスティアの葉の鑑定体験を通じて得た知識は、運命や過去・現在・未来の人生に関わる意味です。

興味のある方は、直接サイトにアクセスし、ブログ著者のプロフィールも合わせて見るとより、アガスティアの葉の開いた後の変化についてより理解できるでしょう。
各記事は独自の視点と心の変化を見せてくれます。

目次

アガスティアの葉の関連ブログ10選の一覧

アガスティアの葉の関連ブログと概要を10選を表にまとめました。

ブログ名概要・コメント
anjulaboカルマ解消の儀式を受けた後の自身の変化について語っています。
女忍者の世界一周 entoonces(エントンセス)筆者がインドでアガスティアの葉を通じて自分の過去、現在、未来を知る体験を共有しています。
かのみスピリチュアルブログアガスティアの葉の鑑定体験についての個人的見解を詳述。
Ameno Hihokoのブログ天日矛(霊能力者)によるアガスティアの体験とその教義を説明。
BLANCLOCHEの体験レポートプロのライターによるアガスティアの葉の予言体験談。
きちじのブログ懐疑的視点からのアガスティアの葉の体験と評価。
okaerimacomoのブログ個人の決断とアガスティアの葉を開くタイミングに関する記録。
ASKA Official Web Site 「Fellows」「アガスティアの葉」の体験を綴っており、運命論についての考察をしています。
藤原ちえこ オフィシャルブログアガスティアの葉の読み取りセッションを通じて、自分の運命を示され、深い感慨を覚えました。
セカンドライフの【暮らしの愉しみ】~日々を愛しみ丁寧に生きることによって、一隅を照らせますように~友人と共に大阪へアガスティアの葉を求めて旅をする様子が描かれています。

アガスティアの葉の関連ブログ10選の詳細

ブログ10選の著者の紹介、体験談をまとめました。
興味が沸いた内容はブログを直接見てみてください。

anjulabo

スピリチュアリストの加藤あずさ(anju)さんのブログです。
彼女は過去のさまざまな困難な状況を乗り越え、自己愛と宇宙との繋がりを深めることで、自分自身を変えてきました。
彼女の経験は、他者にもインスピレーションを与えてくれるでしょう。

ヒンズー教クリシュナヤジュールヴェーダ派の僧侶、はるさんによるインド式護摩法要(ホーマー)の体験について述べています。

このカルマの儀式を通じて、日本の文化や宗教がインドからの影響を受けていること、そして個人的なカルマと魂の繋がりを深く感じたようです。

自身のカルマに関連する寺院での儀式に参加し、その中で深い感動と魂の繋がりを体験しました。また、他者との繋がりを通じて、分かち合いの喜びを感じたことを述べています。

インドの儀式がもたらす深い精神的な影響と、人々間の繋がりの重要性を強調しています。この体験は、彼女にとって、自己と他者、そして宇宙との関係を再考する機会となりました。

anjulabo

女忍者の世界一周 

占い好きの女忍者さんのブログです。
彼女は25歳で結婚し、29歳で世界一周の旅に出ました​​​​。旅行中、忍者の衣装を着て、世界中の様々な場所を訪れています。
この旅の終わりに、彼女は離婚し、日本に戻ってきました​​。

ブログを通じて、海外での放浪経験と30代の悩みを共有し、他の人々にインスピレーションと解決策を提供し続けています​​。

「アガスティアの葉」記事は真実を確かめるためにインド南部を訪れ、SIVA SAMYさんの店で自分の葉を探しました。
彼女は指紋を提供し、一連の質問を経て自分の葉を特定し、その内容を聞きます。内容は彼女の未来に関するもので、離婚しない、良い時期、悪い時期、子供の将来などについての予言が含まれていました。
しかし、彼女は後に離婚し、予言が当たらなかったことを認めています。それでも、彼女はこの経験が人生を見直す良いきっかけになったと感じているようです。

女忍者の世界一周 entoonces(エントンセス)

かのみスピリチュアルブログ

このブログは、「ありがとう」と「愛しています」という言葉を繰り返し言うことによって人生がどのように変わるかを実験し、その結果を共有する内容です。

「アガスティアの葉」を開いた体験の完結編について述べています。

著者は3年前にこの体験をしたが、何らかの理由でその時は投稿できなかったようです。この記事では、その理由と体験の詳細を共有しています。

記事の詳細は明確に示されていませんが、著者が「アガスティアの葉」に関する体験を完結させ、それについての感想や洞察を共有したことが示唆されています。

この記事は、著者の個人的なスピリチュアルな体験と、それを共有することの重要性に焦点を当てています。読者は、著者の体験からインスピレーションを得ることができるでしょう。

かのみスピリチュアルブログ

Ameno Hihokoのブログ

啓蒙系インフルエンサーの天日矛(あめのひほこ)さんのブログです。

天日矛さんのアプローチは「真実の探求」に焦点を当てており、スピリチュアルや都市伝説、宗教とは異なる独自の世界観で真理に迫っています。彼は骨太の考察動画や取材動画を制作し、特に中高年層から支持されています。

オンラインでアガスティアの葉の鑑定をしているマイ・パームリーフの日本語通訳者の琴美さんとの対談形式のブログです。

天日矛さんは、琴美さんとオンラインで鑑定した内容を振り返っています。

この記事は、古代の予言と現代のテクノロジーが融合したユニークな体験を提供し、アガスティアの葉の鑑定に興味がある人にとって価値ある情報を提供しています。

Ameno Hihokoのブログ

BLANCLOCHEの体験レポート

ブログ記事は、ライターでありチャネラーのhanaさんによる「アガスティアの葉」の体験レポートです。

hanaさんは、占いを通じて、自分の過去、現在、そして個人的な詳細が記された葉を見つけ、その正確さに驚愕しました。彼女の体験は、スピリチュアルな探求における深い洞察と自己理解を示しています。

記事では、hanaさんが「アガスティアの葉」を通じて得た個人的な情報の詳細と、それによってもたらされた感情的な影響を具体的に説明しています。彼女は、この体験が自分自身についての新たな理解をもたらしたと述べています。

このブログ記事は、スピリチュアルな探求に興味がある人々にとって、個人的な変化と深い洞察をもたらす「アガスティアの葉」の体験を示すものです。

BLANCLOCHEの体験レポート

きちじのブログ

橘吉次(たちばなきちじ)さんは教派神道の家系に生まれ、國學院大學で神道を学ん
びますが、宗教者にならず、一般企業に就職します。
50歳を過ぎてから自分の人生を見つめ直し、2018年に國學院大學に再入学しました。2022年には神道神職の資格を取得し、現在は神奈川県の神社で奉職しています。

2023年1月11日に「アガスティアの葉」を開いた経験について述べています。著者は占いや非論理的なものに懐疑的でしたが、アガスティアの葉に興味を持ち、それを開くことにしました。

ビジネスマンとしての論理的な思考と占いの間の関係について考察しています。
両者の共通点は人間の心に根ざしているという点です。
彼は、占いを真実かイカサマかで判断するのではなく、個人にとっての意味や影響を重視するべきだと主張しています。

著者は、アガスティアの葉を開いた結果、自分の人生やビジネスについての新たな洞、察を得たようです。彼は、占いや予言がエンターテイメントではなく、人類の叡智であり、受け入れる人にとって有効なものだと考えています。

きちじのブログ

okaerimacomoのブログ

著者がアガスティアの葉を体験したことについて述べています。2023年1月3日に、奇跡的な流れでアガスティアの葉を開く機会を得た著者は、52歳でこの体験をすることを以前から決めていたようです。アガスティアの葉に関しては賛否両論があるものの、著者にとっては、自分の魂が感じ取るものとしての意味があると述べています。

著者はインド人の先生によって自分のカルマを知る機会を得ました。過去のエジプトで作られたカルマが自分の現在の仕事に関連していると気づき、これを多くの人に伝える使命を感じています。また、自分自身のカルマを解消するために、リバイスヘッドセラピーを全国に広めることを目指しています。

okaerimacomoのブログ

ASKA Official Website

CHAGE&ASKAの歌手ASKAさんのブログです。
ASKAさんは運命論者ではないとしつつも、自分の運命がどのように変化するかについて考えを述べています。

日本に来た僧侶からアガスティアの葉を見せられ、自分の人生に関する詳細な情報が記されていることに驚きました。この体験を通じて、運命は変えられるという考えに至ります。最後に、彼は運命を知ることの意味と、それに対する自身の感情を表現しています。

ASKA Official Web Site 「Fellows」

明るい鏡〜本当のわたし、そしてあなたを映し出す〜

藤原千枝子さんは、心理学とスピリチュアリティを学び、多様なセラピーやヨガ、禅、瞑想、ムーブメントを通じて自己発見と癒しの旅を経験した自称「癒しオタク」です。
彼女は、カリフォルニアで最先端の心理学を学び、様々な心理療法をクライアントとして受け、自己の内面と向き合いました。癒しの秘密は過去ではなく現在にあり、セラピストの役割はクライアントを現在に戻し、リラックスして呼吸できるようにすることだと確信しています。彼女は、米国でホームレス支援を行い、身体心理療法の探求を深め、トラウマ療法を含むオリジナルのメソッドを開発しました。

著者がインドの先生と通訳を介して行ったアガスティアの葉の読み取りセッションの続きを説明しています。
このセッションでは、著者の指紋の特徴に基づいて選ばれた葉の束から、著者に関する詳細な情報が読み取られました。先生は著者に様々な質問をし、その回答に基づいて葉を選別しました。多くの葉が取り除かれた後、最終的に著者に完全に一致する葉が見つかりました。

この葉に記されていることには、著者はこの経験に深い感慨を覚え、アガスティアの葉が自分の運命を示していると感じました。
アガスティアの葉が見つかったときの感覚を「衝撃ではなく、静かな感慨」と表現しています。また、著者は、アガスティアが葉を読みに来ることが決まっている人の葉しか残さないという考えに触れ、自分が無意識のうちにこの時点で葉を読むことを知っていたと感じたと述べています。

藤原ちえこ オフィシャルブログ

セカンドライフの【暮らしの愉しみ】~日々を愛しみ丁寧に生きることによって、一隅を照らせますように~

著者は90歳の母と二人暮らしです。子供たちの結婚や出産、母の病気や交通事故などで忙しく、早めに退職しました。これからの人生をどう生きるか考えており、30年以上の余生を丁寧に、生き甲斐を見つけながら過ごしたいと考えています。その一環としてブログを書き始めました。

ブログの投稿は、著者が友人と共にアガスティアの葉を探しに大阪へ早朝から車で出かけた体験を綴っています。三木SAでの朝食、大阪の街並みへの興奮、友人宅でのインド僧によるアガスティアの葉の儀式、そして自然の美しさに感動する様子が語られています。著者は儀式を通じて個人的な啓示を受け、その後の精神的な反省や感謝の気持ちを表しています。帰路では彩雲を見て祝福を受けたと感じ、精神的な充実感を得たようです。

セカンドライフの【暮らしの愉しみ】~日々を愛しみ丁寧に生きることによって、一隅を照らせますように~

まとめ

気に入ったブログは見つかりましたか?

アガスティアの葉は単に運命や未来を予測するものではなく、自分自身の人生における選択と方向性を考える機会を得ることが可能です。

これらのブログは、過去の知恵が現代人の日常生活や精神的な探求にどのように影響を与えうるかを示しており、読者にとって新たな視点と深い思想を促す内容となっています。

アガスティアの葉の鑑定で 「失敗したくない」 「騙されたくない」 という場合には、日本人ながらインド在住、本物のサイキックで信頼ができる日本人の鑑定士を紹介できますので、下記をご確認ください! >>鑑定を検討中の方へ
目次